無職でもキャッシングローンは利用できる?

無職でもキャッシングローンは利用できる?安定した収入は最低条件

安定した収入があることはキャッシングローンの最低条件

皆さんがキャッシングローンを利用するためには、安定した収入を得ていることが最低条件となっています。もし収入を得ていなかったり、収入があっても不安定であったりする場合には、キャッシングローンを組むことは難しいでしょう。キャッシングローンを利用することは、言わば「借金をする」ということになりますから、安定した収入がない場合に利用してしまうと無事返済できるかどうかも分かりませんし、皆さん自身にも大きな金銭的な負担がかかることになります。

まずは収入があることがキャッシングローン利用者に求められていることですので、現在無職である場合にはキャッシングローンを利用できないと考えておくようにしましょう。無職である場合は収入を得ていない状態ですから、金融機関側も「返済能力がない」と判断します。返済できるかどうかはキャッシングローンを利用するにあたって重要な条件なので、返済能力がないと判断された場合にはサービスを利用してお金を借りることは難しくなっているのです。

また、専業主婦である皆さんに関しても金融機関側は返済能力がないと判断する場合がほとんどです。パートで働いている、正社員として働いているといった場合は、兼業主婦ということでお金を借りても返済できる余裕があると考えられますが、専業主婦の場合は基本的に収入がありません。無収入である場合にはキャッシングローンの利用は認められないため、専業主婦の皆さんがサービスを利用することは難しいというわけですね。

悪徳金融会社は絶対に利用しないで

ただ、稀に無職である場合や専業主婦である場合にもキャッシングローンを利用できる金融会社があります。このような金融会社は通常に比べて審査基準が甘く、問題を抱えている利用者にも簡単にお金を貸してくれますが、金利設定が異常に高く違法性のある金融会社であるため、絶対に利用しないようにしてください。

「無職でも借りられる!」「専業主婦もOK!」などの広告を見かけることもあるかと思いますが、一般的な金融機関ではこういった宣伝は行なっていません。返済能力がない利用者であるにもかかわらず、簡単にお金を貸してしまうような金融会社は悪徳業者であると考えられます。「ヤミ金融」などとも呼ばれる業者で、利用したことによって様々なトラブルに巻き込まれてしまうケースも少なくありません。

もし誤って悪徳金融会社を利用してしまった場合には、速やかに国民生活センターなどの専門機関に連絡するか、司法書士や弁護士に相談するようにしてください。状況を放っておいてもさらにトラブルは大きくなるばかりですし、皆さん自身の精神的負担も増えていってしまいます。できる限り早めに対処することが大切ですから、少しでも不安があれば専門機関や専門家に相談するようにしましょう。

ブラックリストに載ってしまった場合も注意

また、無職者や専業主婦だけではなく、いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまっている人をターゲットとしている悪徳金融会社もあるので注意が必要です。実際にはブラックリストというものは存在しておらず、返済トラブルを起こしたことによる「事故情報」への登録が「ブラックリストに載る」と考えられていますが、過去に返済トラブルを起こしている場合は基本的に新たにキャッシングローンを組むことが難しくなっています。

特に多重債務などで一切返済ができなくなってしまったなど、大きなトラブルを起こした経験がある皆さんは今後キャッシングローンを利用することができる可能性は低くなります。悪徳金融会社はこうした問題を抱えた利用者もターゲットとしていることが多いので、どんなにお金を必要している場合でも悪徳金融会社にだけは手を出さないように注意してください。