ローンのブラックリストって本当にあるの?

ブラックリストって本当にあるの?ローンのトラブルによる影響に注意

キャッシングローンの「ブラックリスト」って本当にあるの?

皆さんは「ブラックリストに載ってしまった」とか「ブラックだから借りられないかも・・・」といった話を耳にしたことはあるでしょうか?これはキャッシングローンの「ブラックリスト」によって今後のサービス利用に影響が現われることから、ブラックリストに載ってしまったことに対する不安を抱えている利用者の状況です。

しかし、現実にはキャッシングローンのブラックリストというものは存在していません。ブラックリストは存在していないので、皆さんがブラックリストに載るようなことはないのです。では、何故ブラックリストの存在が広まってしまっているのでしょうか。

返済トラブルによる「事故情報」が影響

キャッシングローンのサービスは、利用者が金融機関を通してお金を借りることができるサービスですが、このサービスは決してタダで利用できるものではありません。利用者は金融機関に手数料として利息を支払うことになりますし、金融機関としても商品としてキャッシングローンのサービスを提供しています。

このようなことからもし借りたお金を返せないとなった場合、皆さんは金融機関との契約を違反したことになります。さらに返済能力が無いと判断されれば、今後キャッシングローンを組むことも難しくなり、新たに契約しようとしても利用を認めてもらうことが不可能となってしまう恐れも考えられます。借りたお金を返せなくなったということは、つまり返済トラブルを起こしてしまったということに繋がりますので、金融機関としても返済トラブルを起こした利用者に簡単にお金を貸すわけにはいきませんよね。

そこで大きく関わってくるのが「事故情報」への登録です。皆さんがキャッシングローンのサービスを利用したことによって起こした返済トラブルは、事故情報へ登録されることになります。もちろん皆さん自身が起こしたトラブルとして登録されますから、皆さんは返済トラブルを起こした利用者として事故情報に登録されてしまうというわけです。

そして実はこの事故情報がいわゆるブラックリストとして広まっているものであるため、実際にはブラックリストに載ってしまったのではなく、正しくは事故情報に登録されたという表現になります。ブラックリストという名称ではないものの、返済トラブルを起こした利用者は事故情報へ登録されることになるので、今後キャッシングローンサービスを利用する皆さんは十分に注意しておきましょう。

トラブルを起こさないようまずは計画的に正しい利用を

返済トラブルを起こした利用者の事故情報は、各金融機関を通して共有されることになります。例えば消費者金融Aを利用して返済トラブルを起こした場合には、他の消費者金融で新たにキャッシングローンの契約を結ぶことができなくなってしまいます。消費者金融の場合は消費者金融同士、銀行は銀行同士といったように情報元は異なっていますが、一般的に銀行は審査基準が厳しいので、もし消費者金融で返済トラブルを起こした経験がある場合は銀行のサービスを契約することも難しいでしょう。

キャッシングローンの返済トラブルは、誰しもが起こしてしまう恐れのあるものなので、まずは契約する上での約束事を必ず守り、計画的に利用することを第一に考えるようにしてください。無理な借り入れや無計画な利用はトラブルの原因となりますし、その原因を作っているのは利用者である皆さん自身です。事故情報への登録は皆さん自身の不注意が大きく関わっていますから、どんなに小さなことにも気をつけながら正しくキャッシングローンを利用していきましょう。