甘い宣伝文句には惑わされないように

ブラックでも借りられる!甘い宣伝文句には惑わされないように

ブラックリストは「事故情報」

キャッシングローンの利用において、いわゆる「ブラックリスト」というものは存在していません。「ブラックリストに載ってしまった」という話をよく耳にする皆さんも多いかと思いますが、現実にはブラックリストというものはなく、返済トラブルを起こした際に利用者の情報が登録される「事故情報」がブラックリストのようなものとなっているのです。

そのため、もし皆さんがキャッシングローンのサービスを利用した際に返済トラブルを起こした場合には、ブラックリストではなく事故情報に登録されることになります。その情報は各金融機関に広まるので、新たにキャッシングローンを組むことが難しくなってしまうというわけですね。

このように、ブラックリストというものは存在していないのですが、金融機関が掲げている広告などには「ブラックでも大丈夫!」とか「ブラックでも借りられる!」といったような宣伝文句を見かけることがあるかと思います。実際には事故情報でも一般的にはブラックリストとして知られているため、キャッシングローンを利用できなくなってしまった人に向けてこうして宣伝をしている金融機関も見られているのです。しかし、重要なのはブラックリストに関する名称の違いではなく、こうした宣伝広告に対する皆さん自身の行動です。

甘い宣伝文句には惑わされないで!

「ブラックでも借りられる!」などの他、「無職でも借りられる!」「専業主婦でもOK!」といったような広告も見かけることがあるかと思いますが、こうした宣伝広告を掲げている金融会社には危険が潜んでいるので皆さんも十分に注意しておきましょう。基本的に無職者や専業主婦など無収入である場合には、キャッシングローンの利用が認められません。収入がない状態でキャッシングローンを利用しても、返済できる余裕もありませんし、完済できる確実性もありませんよね。

にもかかわらず、無職者や専業主婦に対してキャッシングローンの利用を進めるような金融会社はヤミ金融などの悪徳金融会社である恐れが非常に高く、利用したことによって様々なトラブルに巻き込まれてしまうケースも少なくありません。さらに悪徳金融会社は異常なまでに金利が高いので、少ない金額を借りただけでも高い利息がつき、通常では考えられないほどの返済額の支払いを強要されることもあります。

悪徳金融会社は悪質な取り立てを行なうことも多いので、皆さん自身だけではなく自宅近所や職場にまで悪影響を及ぼす恐れも考えられますし、関わったことによって精神的な負担も大きくなってしまいますから、まずは少しでも怪しいと感じた金融機関には近づかないようにしましょう。もし利用してしまった場合にも、すぐに国民生活センターなどの専門機関に相談するようにしてください。

悪徳金融会社への返済は義務ではない

また、キャッシングローンを利用する上で返済は利用者の義務とされていますが、悪徳金融会社への返済は皆さんの義務ではありませんので、まずは第三者に相談することを心がけてください。悪徳金融会社は違法なサービスを行なっているため、皆さんが借りたお金でも返済する必要はないのです。返済し続けても一向に返済額は減りませんし、さらに利息は高くなっていくばかりでキリがありません。被害が少ないうちにすぐに相談して対処してもらうことをおすすめします。

ただし、通常のキャッシングローンを利用する際には皆さんがしっかり返済しなければ、返済トラブルを起こした利用者として事故情報に登録されてしまいます。安全なキャッシングローンを利用している場合には、皆さん自身がトラブルの原因にならないよう、正しい方法で利用することを第一に考えておくようにしましょう。