貸付の審査基準

知っておくべき一般的な貸付の審査基準とは

一般的な貸付の審査基準とはどんな感じなのでしょうか。基本的に、審査基準と言うものは公開されないようになってます。ですが、基本的なものはどこでも同じようですね。

まずは、きちんと返済能力がある人なのかと言う事が見られます。基本的に勤続3年以上、そして年収300万円から400万円以上、更に団体信用保険に入れる健康状態であるのか。と言う所が見られてるようです。

また、今までに借金などをして遅延をしてたり、返済事故などを起こしてないかどうかも重要な材料になるでしょう。貸付を申し込んだ時に、サラ金などから借金がある場合は、審査に落ちてしまう確率が高くなってしまう為、綺麗にサラ金などの借金は整理してから貸付を申し込むようにしましょう。金融会社は、何を見るのかと言うと、一番はきちんと返済の出来る人であるかと言う事を見ます。勤続年数が長ければ、途中で職を変えて返済出来なくなる確立が低くなりますし、年収が高い方が貯蓄も出来る確立が上がりますので、何かあった時に対応能力が上がると言うことになります。

またサラ金などから借金があると言う事は、お金のやりくりがあまり上手ではないと見られてしまいます。なるべく借金などがある場合には、繰上げ返済、または一括返済などをして綺麗にしておくべきでしょう。少しの情報から、その人の審査をする訳ですから、数字が大事になって来ます。収入だったり、勤続年数だったり、簡単にわかるような数字で判断するしか無いというのが、貸す側からすると判断材料がそこになる為、数字できちんとした人であると言う事を証明出来ることが大事になってきます。

審査基準を無事クリア出来れば、後は貸して貰えるだけと言う事になるので、何かが欠けていないように、気をつけてから申し込みをすると良いでしょう。ローンを断られた情報と言うのも残ってしまうので、闇雲に申し込みをしまくるのはぜったに避けましょう。