賃貸住宅対家購入

賃貸に住むのと住宅ローンを背負うのと結局の所どっちが良い?

賃貸に一生住むか、もしくは家を購入するか。家を購入するというのは、人生のメインイベントなのでかなり悩むテーマですね。そして色々な所で議論がなされていますね。

結論から言うと、どちらがお得と言うのは正直無いという事になります。なぜなら、ライフスタイルによっても異なって来るからです。買うにしても借りるにしても、どんな家に住むかによって生涯かかる金額と言うのは全く異なって来ますし、将来的には田舎に帰る事を予定してるならば、田舎に帰るまでは賃貸で生活していれば良いでしょう。家を購入した場合、住宅ローンが無くなれば、その分の支出は無くなるので、返し終わった後は、家にかかる費用が格段に減ります。マンションを購入した場合は、管理費や修繕積立金などがかかって来ますし、マンションが古くなれば修繕積立金は高くなりますし、大規模修繕なんていうものも行われるかもしれません。一戸建てにしても、修繕は必要になって来ますし、水周りなどは10年に一度は交換するものと考えておいた方が良いかもしれません。そして、固定資産税が毎年掛かりますので、固定資産税の分も蓄えて置かなければなりません。

賃貸の場合は、修繕などは全て大家さんがやってくれますので、そういうお金はかかりません。ただし、退職後も賃貸の家賃を支払い続けなければならないので、老後の資金としてその分もプラスして蓄えておく必要があります。2年に一回の更新料なども必要となって来ますね。自分のものでは無いので、釘を打ったりなどは出来ないなど、自由がきかないと言うのもあります。老朽化が進み、たて壊しなんて言う事になったら出て行かなければならないと言うリスクもあります。

一生涯支払うお金としては、数十年後となると、購入した方がお金は減ると言う傾向にあるようです。どんな家を購入するか、どんな家に賃貸で住むか。などによっても全く異なりますので一概には言えませんが、何を重視するか。に尽きるのでは無いでしょうか。老後は自分の家でゆっくりと暮らしたいなら、家を購入するべきですし、色んな場所に住んでみたい。などと思うようでしたら賃貸に住むのが得策でしょう。結局の所、一生家に掛かるお金と言うのは、そこまで大差無いので、ライフスタイルに合わせて自分に合う方を選ぶのが良いのではないでしょうか。