家賃を払うか融資を受けて住宅を購入するか

家賃を払うなら融資を受けて住宅を買った方が得?

毎月支払う家賃も馬鹿になりませんよね。家賃を毎月、そして何十年間支払い続けたからと言って、その家が自分のものになる訳でもありません。毎月支払う額が同じなら、融資を受けて家を買ってしまう。と言うのも一つの方法ですね。そんな風に考えて、家を購入する人が年々増えてるようですね。

毎月支払う家賃分の金額で家が購入出来るならば、かなり美味しい話ですよね。ただ問題なのが、融資の審査が下りるかと言う事になります。融資の審査は、色々と基準はありますが、勤続年数や年収などをパスしていれば、そんなには問題ないとされています。

ただ、気をつけなければならない点があります。変動金利でローンを組んでしまった場合、これから景気がよくなりどんどん金利が上がって行った場合、かなりの金利がかかる事になり、支払い金額が毎月アップしてしまいます。その事も考慮に入れてローンを組む事をお勧めします。ローンは何十年単位で組みましょね?35年ローンなどが一般的なようですが、数十年先には金利がかなりUPしてて、家賃の支払いよりも毎月数万円多く支払わなければならなくなった。なんて言う場合も出てきます。これから先の金利なんてものは、どうなるか予想はついたとしても誰にも判らない事なので、その辺の所も考慮に入れながら、融資を受けるべきでしょう。

固定金利でローンを組む場合を考えてみると、最初に組んだ金利のままずっと35年間いくので、最初の金利は変動金利で組むよりも高くなる事を覚えておいてください。どちらが良いかはその人次第ですね。

健康条件などもローンの審査にありますので、健康に不安のある方の場合は、健康なうちに家を購入しておくというのも一つの手でしょう。

どちらがお得かなんて言うのは、どんな家を購入するか、家賃はどれ位の家に住むのか。などによっても全く異なってくる為一概には言えません。今が購入する時だと思った時に購入するのが一番良いのではないでしょうか。物事にはタイミングと言うものがあります。そのタイミングを見失わないように生きていくのが一番賢い方法なのでは無いでしょうか。