審査が通らない時にする事

貸しつけの審査が通らない時するべき事

貸付を申しこんで、審査に落ちた時、何で審査に落ちてしまったんだろう…と考えますよね。審査に落ちた理由と言うのは、原則として公開されないことになってます。

ただし、審査には基準と言うものがありますので、一つ一つ理由となるものを削っていくのが次に受ける審査に合格する為のコツと言えるでしょう。勤続年数が短い場合、それだけで落ちてしまうことがあります。すぐに職を変える人なのかと思われてしまったりするからです。最低でも勤続年数は3年は欲しい所ですね。

また年収に関しては、300万円から400万円程は必要だといわれています。届いてないようでしたら、年収を増やすように努力してみましょう。また夫婦連名でローンを組むという方法もある為、そのような形でローンを組むと審査に合格しやすくなるのも確かです。後重要になってくるのが、返済率の問題です。年収に対して、ローンの割合が大きいと、それだけで審査に通らなくなってしまうので、最大限のローンを組める年数でローンを組み、毎月の支払いを減らすなどと、審査に通りやすくする工夫をしてから審査に申し込みをすると、より通りやすくなるでしょう。

サラ金などの消費者金融からの借金がある場合には、これだけで審査に落ちてしまうということもありえますので、まずは借金を片付けてから審査に申し込むようにしましょう。サラ金の借金が残ってるのにローンを組むだなんて言うのはもってのほかだと思われてしまう為です。

身の回りの借金などを全て綺麗に返済してから申し込みをすれば、ローンも通りやすくなるでしょう。もしも、消費者金融の借金を遅延した過去があるようでしたら、何度遅延したかにもよりますが、その時から5年以内だともしかしたらローンに通りにくいかもしれません。信用機関に情報が登録されてしまってるからです。5年経てば消えるので、それまで待ってからローンを組んでも遅くは無いのでは無いでしょうか。

どうしても…の場合は、ローンが通りやすい金融機関と言うのもあるので、そういう所を使うと言う手もあります。ただし、金利は少し高くなってしまう事を覚えておいてください。