借金とリースの違い

これを読めば解る借金とリースの違いとは?

借金とリースは、同じような感じがしますね。それでは借金とリースのどこが違うのでしょうか。

一番の違いは、借金は自分のものになってるものを支払っていくと言う事で、リースはあくまでも借りてる状態と言う事になります。借金の場合、自分のものな訳なので、税金の支払い時に減価償却をしていかなければなりませんし、利息も支払っていかなければなりません。確定申告での手続きが若干大変だと言う事になります。ただし、借金がすべて終わってしまえば、自分のものになる為、借金が終わった後はリースより断然有利と言う事になります。

一方でリースと言うのは、いつまで経っても自分のものになる訳では無く、あくまでも借りてる状態なのでそのものを使わなくなるまでずっと支払いは続きます。そして経費として計算出来る事になります。確定申告で面倒な手続きなどもいりませんので楽といえば楽な方法です。そしてもう一つ、リースでお得な点は、リースの契約によっても異なりますが、リースしてる期間はずっと壊れた場合の費用が無料になったりなどの特典があります。

長い期間そのものを使うと言うならば、リースよりも借金のほうがお得といえばお得ですね。精密機器などでよく壊れる恐れのあるものの場合は、リースのほうがお得になるかもしれません。そのものによって全く異なって来る為、どちらがお得かは一概には言えませんが、利用する期間、目的によっても異なって来るので、よく考えてからどちらにするか決めた方が良いでしょう。