キャッシングローンの金利設定と利息

利息の支払いに大きく関わっているキャッシングローンの金利設定

利息は必ず支払う手数料

皆さんがキャッシングローンで借りたお金は、借りた金額をそのまま返せば良い、というわけではありません。借り入れ金額だけを返済するのではなく、利息も支払うことがキャッシングローン利用者の義務となっています。利息とはキャッシングローンのサービスを利用する上での手数料のことで、サービスを利用する際には必ず支払わなければなりません。

稀に「無利息キャッシング」などのサービスを提供している金融機関もありますが、そのようなサービスやキャンペーンが行なわれていない場合は、通常どおり利息を支払ってキャッシングローンを利用することになります。金融機関もタダでお金を貸しているわけではありませんし、キャッシングローンというサービスは商品の一つですので、利用者である皆さんにはしっかり手数料を支払って利用することが求められているのです。

利息の算出に大きく関わっている「金利」

では、利息というものはどのようにして算出されるものなのでしょうか?皆さんが手数料として金融機関に支払う利息の金額は、金利・借り入れ金額・借り入れ期間によって計算されます。特に金利は各金融機関で異なるものなので、利息が高くつくことを避けるためには、低金利のキャッシングローンを利用することがおすすめです。一般的に銀行は低金利、消費者金融は高金利となっていますから、消費者金融のキャッシングサービスを利用する際には少しでも金利設定が低い金融会社を選ぶようにすると良いでしょう。

ただ、銀行の金利などと比べるとやはり消費者金融の金利は全体的に高めになっていますので、消費者金融のサービスを利用する場合には利息の支払いが多くなることを理解した上で利用するようにしてください。

また、近年では銀行と消費者金融が提携している「銀行系消費者金融」でもキャッシングローンのサービスは利用できますが、銀行系消費者金融の金利は銀行よりも高く、消費者金融よりも低いことが特徴的です。銀行と消費者金融の特徴を兼ね備えた特徴を持っていることから、バランスの良い金利設定となっているので、消費者金融の高金利が気になる場合には銀行系消費者金融の利用を考えてみても良いでしょう。

借り入れ金額や借り入れ期間にも注意して

このように、利息の計算に大きく関わる金利は各金融機関によって差が見られています。金利の面だけを見てみると銀行のサービスを利用することがお得なように感じますが、銀行は審査基準が厳しいため、人によっては審査に通ることが難しい場合もあります。金利の低さだけではなく、皆さん自身が利用しやすいサービス内容であるかどうかをチェックし、自分に合った金融機関を選ぶようにしましょう。

また、利息には金利だけではなく、借り入れ金額と借り入れ期間も関わっていますから、借り入れ金額をできるだけ少なくするとか、借り入れ期間が長くならないよう早めの返済を心がけるなど、利用者側が注意することも必要です。特にキャッシングローンの借り入れ金額についてはついついお金を借りすぎてしまう利用者が少なくないため、その分だけ利息も高くついてしまい、結果として返済期間も長引いてしまう、というケースも珍しくありません。

このような事態を避けるためにも、あらかじめ返済計画を立てておくことを忘れないようにしましょう。各金融機関もキャッシングローンサービスを利用する際には返済計画を立てておくことを推奨していますし、計画を立てる際に役立つ「返済シミュレーション」を行なえる金融会社も多く見られています。返済シミュレーションでは支払う利息を算出することもできますから、借り入れ前には必ずシミュレーションをしておくようにしましょう。