融資の控除を受ける確定申告

融資の控除が受けられる確定申告とは

住宅ローンの融資を受けた場合、確定申告でお金が戻ってくると言う事をご存知でしょうか?

お金と言うのは、毎月支払いすぎてた税金が確定申告をする事によって戻ってくると言う事になります。ただし、住宅ローンを使わないと支払いすぎた税金は戻って来ないのでその辺の所注意が必要です。あまり一括で家を購入しようと言う方はいないでしょうけれども、万が一一括で購入出来るお金が準備できるとしても、税金が戻ってくる事を考えて、あえて分割にすると言う方法も一つの手段です。勿論この時考えなければならないのが、ローンの金利と確定申告時に戻ってくる金額との関係です。ローンの金利の方が高くなってしまうのであれば、わざわざローンを組む必要はありませんし、ローンを組んだ方がお得になるのであれば、ローンを組むべきでしょう。

それでは、確定申告とはどうすれば良いのでしょうか。一般的なサラリーマンの場合、1年目だけ自分で確定申告をする必要があります。税務署に問い合わせれば、何が必要なのか色々教えてくれるはずですが、書類を全て集めて税務署に確定申告すると言う手順になります。必要書類は、ローンの残高証明書や家を取得した時の書類など、色々と必要な書類があるので税務署で聞いて教えて貰うのが一番早いでしょう。

2年目からは、会社に必要書類を提出するだけで、会社の方で年末調整時にお金を返してくれるようになるので、だいぶ楽になります。控除を受けられる分は、きちんと控除を受けてその分違う事に回した方が懸命でしょう。なお、個人事業主の場合は、1年目はサラリーマンの方と同じ手続きですが、2年目以降も、全て自分で行わなければなりません。慣れて来たら、たいした事無いので、一回目に確定申告をする時に、手順などを覚えておくと良いでしょう。とは言っても、1年に一回の話なので、なかなか覚えておくのは難しいかもしれません。何年か続けてやってるうちにコツが掴めてくるはずなので心配は無いでしょう。お得になる事は、実践していくようにしましょう。