キャッシングローンのサービス内容を比較

まずはキャッシングローンのサービス内容を比較することから

様々な利用目的に合わせたキャッシングローンは、各金融機関でそれぞれ異なるサービスが提供されています。サービスの種類はもちろん、同様のキャッシングローンにおいてもサービス内容には少しずつ違いが現れています。様々な特徴を持つ多くのサービスの中から自分に合ったサービスを探すことはとても難しいことに思えるかもしれませんが、特徴が異なるからこそ皆さんそれぞれに合ったキャッシングローンを見つけることもできるのです。キャッシングローンを利用する前には、まずサービス内容を比較することから始めていきましょう。

キャッシングローンの利用目的を比較

まずはキャッシングローンの利用目的についてですが、銀行や消費者金融などの金融機関によって利用できる目的、借り入れ限度額などは大きな差があります。例えば、銀行では主に高額融資を目的とした「住宅ローン」や「自動車ローン」といったサービスが代表的に挙げられますが、消費者金融ではこのようなサービスは利用できません。消費者金融は少ない金額から借りられる点がメリットとなっていますので、急遽お金が必要となった場合などに適したサービスが行なわれていることが特徴です。

そのため、家を購入するためにローンを組む場合、今すぐに必要なお金を調達する場合とでは、利用する金融機関自体が異なることになります。借り入れ限度額についても、銀行の高額融資ローンと消費者金融のキャッシングサービスとでは違いが大きいため、皆さんがどの程度の借り入れ金額を希望しているのか、といった点についてもあらかじめよく考えておくようにしましょう。

ただ銀行と消費者金融の両方で利用できる「カードローン」などは、借り入れ限度額はそれほど変わりません。金利については差があるものの、全体の借り入れ限度額については同額程度になっているので、カードローンを利用する場合はまた別の面を比較してみると良いでしょう。

金利や審査基準の比較も

キャッシングローンの利用において「金利」は重要な比較要素ですから、カードローンを利用する際には金利設定に注目してみると良いですね。一般的に銀行は低金利、消費者金融は高金利となっているため、銀行のカードローンを利用した方がお得ではあります。しかし、銀行のカードローン審査は消費者金融の審査基準に比べて厳しくなっていることから、人によっては審査に通ることができない場合も考えられます。

審査基準が厳しい分、低金利で安全なサービスを利用することはできるのですが、利用するまでの壁が高いこともあるので、あらかじめ理解の上で申し込むようにしてください。また、近年では銀行と消費者金融が提携している「銀行系消費者金融」でも比較的低金利でカードローンを利用できるようになっています。銀行系消費者金融のサービス内容は、銀行と消費者金融の特徴をバランス良く併せ持っているため、銀行と消費者金融の両方と比較してみることをおすすめします。

自分に合った返済方法で完済を目指して

その他、キャッシングローンを利用する際には「返済」についてもよく考えておく必要があります。返済はキャッシングローン利用者の義務ですから、義務をしっかり果たせる返済方法を選ぶよう注意しておきましょう。基本的には「分割払い」で返済することになっているキャッシングローンですが、まとめて支払えるような場合には「一括払い」を利用することも可能です。

一括払いは一度の金銭的負担は大きいものの、利息がそれほど膨らまずに済むので、少ない金額を借りている場合などはまとめて支払ってみても良いでしょう。ただ無理は禁物ですので、しっかり返済計画を立てて無事に完済を目指していくようにしましょう。