融資の手数料

知っておくべき融資の手数料について

融資を受ける時に、手数料がかかると言う事をご存知でしょうか。

住宅ローンを例にとってみると解りやすいのですが、一番最初に住宅ローンを契約する時に、手数料も含まれています。ローンの契約書を見ればすぐに解りますが、ローンに手数料がかかると言う事はあまり知られてないようですね。勿論借りる金額、借りる銀行によって金額などは異なってきますが、2万円~3万円程と言うのが一般的なようです。その手数料とは紛れも無く銀行に支払う手数料と言う事になります。金利を安くする分、事務手数料を支払うという事になりますね。

住宅ローンの審査などは、時間が掛かることが多く、長い時間人の手を煩わせる事になるので当たり前といえば当たり前と考えれば良いのかもしれません。ちなみに、住宅ローンの繰上げ返済をする時にも、手数料はかかると言うことをご存知でしょうか?早くお金を返すのに手数料がかかるだなんて…と思われる方も多いかもしれません。こちらも銀行によって様々ですが、返済方法によっても掛かってくる手数料が異なりますので、色々と借りてる銀行に直接問い合わせてみると良いかもしれません。

最近では、インターネットで繰り上げ返済を行った場合、手数料が無料になったりする銀行もありますので、一度銀行のHPをチェックするか、繰上げ返済しようと思ってるなら相談に行くと良いかもしれません。折角お金を貯めて繰り上げ返済をする訳なので、手数料があまりにも高くて利息分と同じ位になってしまっては全く意味がありません。繰り上げ返済にも、毎月の支払いを減らす形の繰上げ返済と、支払いの年数を減らす形の繰上げ返済があるので、どちらを利用した方がよりお得になるかなども一度聞いてみると良いでしょう。

実際数字にして出して貰う事によって、解りやすくなりますし、一度の繰上げ返済でかなり返済期間が縮まったりする事もありますので、やる気のバロメーターとしても良いかもしれません。これだけ貯金すれば、○○年縮まるなら早めに貯金して返してしまおう。とモチベーションアップに繋がります。基本的に、手数料分を差し引いても繰り上げ返済した方がお得になるように出来てるはずなので、一度調べてみましょう。