住宅ローンのボーナス払いのメリット、デメリット

住宅ローンをボーナス払いする事によるメリット、デメリット

住宅ローンを組む時、ボーナス払いを利用しますか?ボーナス払いには、メリット、デメリット共にありますが、結論から言いますと、あまりボーナス払いはお勧めできないと言う事になります。

それではメリット、デメリット共に見て行きましょう。まずはボーナス払いのメリットからです。ボーナス払いをすると言う事は、ボーナス時にまとめて支払う事になる為、毎月の支払い額が減ると言う事になります。毎月の支払額が減ると、毎月の家計が楽になりますね。いっぱいいっぱいでローンを組んでる場合、ボーナス払いを併用するのは良い方法かもしれません。

それではデメリットはどうでしょうか。ボーナス払いは年2回なので、ボーナス払いをするまでの間に元本に多少金利が付くと言う事になります。ボーナス払い無しで毎月支払ってる場合は、ボーナス払いを併用してる場合よりも毎月の返済額が高い為、ボーナス払いするまでの間の金利が付き、若干金利が高くなると言う事です。そこまで高くつく訳ではありませんが、支払う額は少ないに越した事ありませんよね。

更に、ボーナスと言うのは会社の業績に応じて支払われるものなので、突然ボーナス額が低くなってしまう事も充分ありえます。最悪の場合、ボーナスの支給が無しになるなんて言う事もありえる訳です。転職したりして、ボーナスがスズメの涙程になってしまう事もありえます。ボーナスは、不確定要素が強すぎるものと言う事になってしまうのです。絶対に毎年ボーナスは確実に貰えると言う方には良いかもしれませんが、殆どの方がそうではありませんよね?

よって、ボーナス払いをすると言う事は、支払いが出来なくなるかもしれない危険と常に隣り合わせだと言う事になります。毎月の支払い額を減らす為に、どうしてもボーナス払いをしたいと言う場合には、万が一の場合に備えてボーナス払い分を毎月貯金しておくと言う方法をお勧めします。そうすれば、ボーナスが支給されなかったとしても対応出来ますね。メリット、デメリット共にあるので、よく考えてから決断すると良いでしょう。