ローン ブラック

消費者金融のローンは安全?審査が甘いと言っても危険ではありません

審査が甘いローンは心配?

お金を借りるっていうのは、銀行かどうかに関わらず厳しい基準がありますよね。当然それを守らないと返せない人が出てくるというのは分かるのですが、そのおかげで随分と借り入れを利用出来る人は限られてしまったと思います。

私自身も正直なところ、ずっと契約社員として働いていますので、借り入れを利用できる立場かどうかで言えば微妙なところです。一応今勤めている企業は継続的に雇用してくれるらしいですが、こんなご時世なので、ローン会社側は信用してくれるわけではありません。

しかしながら消費者金融なら収入さえあれば比較的簡単に作れるという事を聞き、いつ仕事を失ってしまっても良いようにカードローンを作ろうとしていた私にとっては朗報でした。

しかし、それを聞いて同時に懸念事項が出てきたのも事実です。昔から審査が甘いローンというのは怪しい業者が多く、消費者金融自体が今の時代においてもあまり信用していないという方が多く、そうした話を耳にし続けていた私は当然あまり良い印象を持ってはいませんでした。

消費者金融は安全に使う事ができます

そうは言っても消費者金融は国の認可を受けた業者だし…という自分の中での葛藤を越えて、私は結局申し込んでおく事にしました。カードローンは事前に作っておけば他のローン方法と違っていつでも借りられるので、むしろ仕事があるうちが一番作りやすいのです。

そして当初の噂通りに消費者金融のカードローンというのは難なく通過し、無事にカードが発行されました。その時の同封されていたマニュアルを読んだのですが、ちょっと驚きでした。

消費者金融のカードローンと言っても、かなり丁寧に使い方が記載されており、返済方法や金額にしてもかなり細かったのです。消費者金融だからどんどん使わせてお金を払わせて…というのを想像していたのですが、節度を持った使用を呼びかけるような文面で軽く驚きました。

さらに金利に関しては申し込む前から確認していたのですが、銀行に比べて多少は高いと言っても、大幅に違うというわけではありません。素早く返済すればそこまで差もありませんし、所謂良心的と言える範囲内には収まっているのでは無いでしょうか。

とにかく消費者金融というのはイメージが悪かったのですが、今回利用してみたらとてもイメージが変わりました。むしろ審査に通りやすくて誰にでも使いやすい分、より身近な存在かもしれませんね。

これを読めば解る借金とリースの違いとは?

借金とリースは、同じような感じがしますね。それでは借金とリースのどこが違うのでしょうか。

一番の違いは、借金は自分のものになってるものを支払っていくと言う事で、リースはあくまでも借りてる状態と言う事になります。借金の場合、自分のものな訳なので、税金の支払い時に減価償却をしていかなければなりませんし、利息も支払っていかなければなりません。確定申告での手続きが若干大変だと言う事になります。ただし、借金がすべて終わってしまえば、自分のものになる為、借金が終わった後はリースより断然有利と言う事になります。

一方でリースと言うのは、いつまで経っても自分のものになる訳では無く、あくまでも借りてる状態なのでそのものを使わなくなるまでずっと支払いは続きます。そして経費として計算出来る事になります。確定申告で面倒な手続きなどもいりませんので楽といえば楽な方法です。そしてもう一つ、リースでお得な点は、リースの契約によっても異なりますが、リースしてる期間はずっと壊れた場合の費用が無料になったりなどの特典があります。

長い期間そのものを使うと言うならば、リースよりも借金のほうがお得といえばお得ですね。精密機器などでよく壊れる恐れのあるものの場合は、リースのほうがお得になるかもしれません。そのものによって全く異なって来る為、どちらがお得かは一概には言えませんが、利用する期間、目的によっても異なって来るので、よく考えてからどちらにするか決めた方が良いでしょう。

複数の融資を同時申し込みする時の注意点

融資の申し込みする時と言うのは、とってもお金に困ってる時ですよね。切羽詰ってると、あれもこれもとなって、どこか一個でも受かればいいやと言う気持ちで、同時に融資の申し込みをしてしまう方が沢山います。でも、実はこれは審査を通りにくくする事だったりするのです。

2社位でしたらそんなに問題はありませんが、5、6箇所に申し込んだりしてしまうと、信用機関への問い合わせ履歴と言うのが残ってしまう為、相当お金に困ってる人なのかと言うレッテルを貼られてしまう事になりかねません。まずは、一ヶ所、2ヶ所に申し込んでみて様子を見てからと言う方法を取るようにしましょう。

一番お勧めの方法が、インターネットなどで審査の通りやすい所などを調べてから申し込みをする事です。各会社によって審査基準などは異なりますので、こちらの会社だとNGだけど、こちらの会社だったら融資して貰えたなんて言う事は良くあります。ですが、数打ち当たれ形式は、この場合逆効果になると言う事を覚えておくと良いでしょう。

日をずらして申し込みをすると、多少は良いかもしれません。足元を見られてしまわないように、なるべく間を空けて申し込みはするようにしましょう。そして、申し込み情報と言うのは、全て信用情報に載せられてしまうという事を考えながら申し込みをしましょう。

審査に通りやすいのは、銀行系のローンよりも消費者金融系のローンと言う事になりますが、結構な額のローンを借りたいという場合は、おまとめローンなどを利用すると良いかもしれません。比較的簡単に借り換えが出来るようです。ただし、今まで遅延など、金融事故をしてないか。なども重要になって来る為、返せないような時があったら早めに借りてる会社に相談して対策を取る事をお勧めします。

ローンビジネスからの貸付審査に合格するには

住宅ローンの申し込みをする時、どこの銀行に申し込みをしたら良いのでしょうか。

大体の場合は、不動産やさんが扱ってる銀行があります。一ヶ所だけでは無く、大手の銀行と地方銀行などと何箇所か扱ってる場合が多いようです。

三菱UFJのローンビジネスも住宅ローンを扱っていますが、こちらのローンビジネスは、金利が低い為に審査が大変厳しいようです。一番審査が厳しい住宅ローンと言われてるほどです。

ですが、こちらの審査に通りさえすれば、低金利でお金を借りる事が出来るので、かなり優遇される事になります。ローンビジネスの審査に通るには、どうしたら良いのでしょうか。信用をつけるという一言に尽きます。

勤続年数を増やし、年収もある程度ないとまずこちらの審査に通ってお金を借りられないと思って良いですね。そして、頭金もある程度無いと、通らないでしょう。それくらいもお金が貯められない人だとみなされてしまうからです。

消費者金融からの借金などと言うのはもっての他です。全て返し終わったのに…と思ってる方、ちょっと待ってください。カードをまだ持っていませんか?きちんと解約をしないと、いくらお金を返し終わったからと言って、カードを持ってる事に変わりありませんので、信用機関には情報が登録されてしまってるままなのです。必ず返済が終わったカードは解約をする事をお勧めします。良い金利でローンを借りる為には、色々と条件を整える必要があると言う事ですね。

貸しつけの審査が通らない時するべき事

貸付を申しこんで、審査に落ちた時、何で審査に落ちてしまったんだろう…と考えますよね。審査に落ちた理由と言うのは、原則として公開されないことになってます。

ただし、審査には基準と言うものがありますので、一つ一つ理由となるものを削っていくのが次に受ける審査に合格する為のコツと言えるでしょう。勤続年数が短い場合、それだけで落ちてしまうことがあります。すぐに職を変える人なのかと思われてしまったりするからです。最低でも勤続年数は3年は欲しい所ですね。

また年収に関しては、300万円から400万円程は必要だといわれています。届いてないようでしたら、年収を増やすように努力してみましょう。また夫婦連名でローンを組むという方法もある為、そのような形でローンを組むと審査に合格しやすくなるのも確かです。後重要になってくるのが、返済率の問題です。年収に対して、ローンの割合が大きいと、それだけで審査に通らなくなってしまうので、最大限のローンを組める年数でローンを組み、毎月の支払いを減らすなどと、審査に通りやすくする工夫をしてから審査に申し込みをすると、より通りやすくなるでしょう。

サラ金などの消費者金融からの借金がある場合には、これだけで審査に落ちてしまうということもありえますので、まずは借金を片付けてから審査に申し込むようにしましょう。サラ金の借金が残ってるのにローンを組むだなんて言うのはもってのほかだと思われてしまう為です。

身の回りの借金などを全て綺麗に返済してから申し込みをすれば、ローンも通りやすくなるでしょう。もしも、消費者金融の借金を遅延した過去があるようでしたら、何度遅延したかにもよりますが、その時から5年以内だともしかしたらローンに通りにくいかもしれません。信用機関に情報が登録されてしまってるからです。5年経てば消えるので、それまで待ってからローンを組んでも遅くは無いのでは無いでしょうか。

どうしても…の場合は、ローンが通りやすい金融機関と言うのもあるので、そういう所を使うと言う手もあります。ただし、金利は少し高くなってしまう事を覚えておいてください。

絶対お得!賢い目的別ローンの利用方法

ローンを利用するなら目的別ローンに限ります。なぜ目的別ローンが良いと言われてるのでしょうか。

目的別ローンは、その目的にしか使えないローンの為、金利が安く押さえられています。そして、一般的なローンと何が違うのかと言うと、比較的大口のものが多いと言う点にあります。住宅ローンなら住宅ローンの用途としてしか使えませんし、オートローンなら車の購入資金にしか使えません。教育ローンならば、勿論教育ローンにしか使えないローンと言う事になります。そして、一般的なローンでしたら、借りた後、またお金が必要になれば残高があればまた借りる事が出来ます。目的別ローンの場合は、一回借りたら幾ら返済して余裕があるからと言って、途中で借りる事が出来ないのが特徴となってます。

何か大きな買い物をする時、大きなお金がかかる時に最初に一度利用するローンと言えるでしょう。そして、目的別ローンの場合は、借金は借金ですがあまりマイナスの意味に捉えられないのも一つの特徴と言えるでしょう。時代の流れで、みんなが利用してるものなので、と言う考えが強いからでしょう。家などはそもそもローンで買うものだと言う時代背景がありますし、車なども同様です。

一般的なローンの場合は、お金が足りないから借りると言う意識がどうしても強くなってしまう為に、マイナスのイメージが付いてしまってるのが特徴です。そのような特徴から、一つの物事に対して限定して使うローンなので、金利が安くされています。ただし、金利が低い分、審査なども厳しくなっているというのも特徴の一つです。貸す側の銀行側は、きちんと返して貰える人に信用して貸す訳ですから、返済率も高く、その分金利を低く出来ると言う仕組みになっているのです。途中で返さなくなる人が沢山出てきてしまったら、こちらの目的別ローンの金利も高くなってしまう事でしょう。

用途用途に応じて賢く使って行く事が出来るのが、目的別ローンと言えるでしょう。日頃から目的別ローンを使いたいと思ってる銀行に定期預金を作るなどしておくと、審査が有利になったりする為、きちんと毎月積み立てをしたり、給料振込み口座をそこの銀行にするなどと、お付き合いをしておくと良いでしょう。

家賃を払うなら融資を受けて住宅を買った方が得?

毎月支払う家賃も馬鹿になりませんよね。家賃を毎月、そして何十年間支払い続けたからと言って、その家が自分のものになる訳でもありません。毎月支払う額が同じなら、融資を受けて家を買ってしまう。と言うのも一つの方法ですね。そんな風に考えて、家を購入する人が年々増えてるようですね。

毎月支払う家賃分の金額で家が購入出来るならば、かなり美味しい話ですよね。ただ問題なのが、融資の審査が下りるかと言う事になります。融資の審査は、色々と基準はありますが、勤続年数や年収などをパスしていれば、そんなには問題ないとされています。

ただ、気をつけなければならない点があります。変動金利でローンを組んでしまった場合、これから景気がよくなりどんどん金利が上がって行った場合、かなりの金利がかかる事になり、支払い金額が毎月アップしてしまいます。その事も考慮に入れてローンを組む事をお勧めします。ローンは何十年単位で組みましょね?35年ローンなどが一般的なようですが、数十年先には金利がかなりUPしてて、家賃の支払いよりも毎月数万円多く支払わなければならなくなった。なんて言う場合も出てきます。これから先の金利なんてものは、どうなるか予想はついたとしても誰にも判らない事なので、その辺の所も考慮に入れながら、融資を受けるべきでしょう。

固定金利でローンを組む場合を考えてみると、最初に組んだ金利のままずっと35年間いくので、最初の金利は変動金利で組むよりも高くなる事を覚えておいてください。どちらが良いかはその人次第ですね。

健康条件などもローンの審査にありますので、健康に不安のある方の場合は、健康なうちに家を購入しておくというのも一つの手でしょう。

どちらがお得かなんて言うのは、どんな家を購入するか、家賃はどれ位の家に住むのか。などによっても全く異なってくる為一概には言えません。今が購入する時だと思った時に購入するのが一番良いのではないでしょうか。物事にはタイミングと言うものがあります。そのタイミングを見失わないように生きていくのが一番賢い方法なのでは無いでしょうか。

ちょっとややこしい債権と債務の違い

ローンの取扱説明書や利用規約などを見ると、ちょっと難しい言葉が沢山使われています。債権、債務の違いとは何でしょうか。

債権とは、簡単に言うと「とある人が相手方に金銭や物などを請求し、これを実行させることを内容とする権利の事」を言います。つまり、お金や物を相手に貸してそれを返して欲しいと請求する事が出来る権利の事を債権と呼びます。債務とは「相手に金銭や物などの給付を義務付けられていること」を債務といいます。つまり、お金や物を借りてる相手に、お金を返して欲しいと請求される事を債務と呼びます。

そして、債権を請求する人の事を債権者、債務を請求される人の事を債務者と呼びます。なんだかややこしいですね。法律上、債権者、債務者と言うので、利用規約などにはこういう書かれ方をしますが、普段はあまり使わない言葉かもしれませんね。住宅ローンを例にとって考えるとわかりやすいかもしれません。お金を貸してくれてる銀行が債権者と言う事になり、ローンの支払いを銀行は請求してきますよね?銀行側は、債権を有してると言う状態にあります。そして、住宅ローンを抱えてる人は、債務を抱えてるということになるのです。銀行からお金を支払うように毎月請求される訳なので、そういうことになる訳です。

勿論、消費者金融からお金を借りてる場合も同じ事が言えます。その場合は、消費者金融側が債権者と言う事になり、債権を有してると言う事になります。そしてお金を借りてる人たちが債務者と言う事になり、消費者金融に対して債務を負ってると言う事になります。

何事も、具体的に考えて行くと、よりわかりやすくなるのでは無いでしょうか。金融会社のローンを組む時などは、ローンの利用規約などもきちんと読んだほうが良いので、このような言葉も知っておくと良いかもしれませんね。

これは面白い!金融機関からの貸し出しの歴史

銀行のカードローンと言うのはいつ始まったのでしょうか。一番最初は、三和銀行が1978年に始めたのが最初だと言われています。

その当時の貸付条件などは、とっても厳しかったものらしく、なんと、融資資格者は、上場企業の課長職以上に就いている人だけだったそうです。これでは、殆どの人が借り入れなんて出来ませんよね。しかも、上場企業の課長以上についてる人でしたらそんなに貸付は必要無いような気もしますね。窓口じゃないと返済が出来ないなどと言う条件もあったようで、かなり借りるのも返すのも大変なローンだったようです。

その後、お金を借りられるカードが登場して、現在の消費者金融のさきがけになって言ったようです。カードからATMでお金を借りられるようになったのは、1980年に入ってからのようです。その頃になってようやく借金をする人が増えていったようです。同時は借金と言うと、闇金のような所からの借金しか一般市民は出来なかったので、借りるのも人の目もあるのでかなり大変な時代でした。

1990年ごろになると、無人でカードが作れて、その場でお金を借りられるようなサラ金が増え始めました。この頃から段々と気軽に借金が出来る時代になってきたということですね。無人でカードが作れるので、誰にも合わずにお金が借りられると一時期ブームのようになったと記憶されてる方も多いのでは無いでしょうか。街中に無人契約機が溢れてきて、サラ金ビルのようなビルも出てきたのがこの頃ですね。

そして現在では、インターネットからお金を借りられるそんな時代になりました。24時間、365日申し込みが出来、お金を借りるのも深夜でもネットからスムーズに出来たりする時代になったので、どうしても今お金が必要。と言う時に手軽にお金が手に入るようになりました。そのため、サラ金のカードを自分の銀行のカードと同じようなものと錯覚して使う人が増えてきたのが一番の問題点ではありますが、返すのもインターネットから、コンビニのATMからと便利に返済も出来るようになったので、良い時代になったといえるでしょう。

知っておくべき一般的な貸付の審査基準とは

一般的な貸付の審査基準とはどんな感じなのでしょうか。基本的に、審査基準と言うものは公開されないようになってます。ですが、基本的なものはどこでも同じようですね。

まずは、きちんと返済能力がある人なのかと言う事が見られます。基本的に勤続3年以上、そして年収300万円から400万円以上、更に団体信用保険に入れる健康状態であるのか。と言う所が見られてるようです。

また、今までに借金などをして遅延をしてたり、返済事故などを起こしてないかどうかも重要な材料になるでしょう。貸付を申し込んだ時に、サラ金などから借金がある場合は、審査に落ちてしまう確率が高くなってしまう為、綺麗にサラ金などの借金は整理してから貸付を申し込むようにしましょう。金融会社は、何を見るのかと言うと、一番はきちんと返済の出来る人であるかと言う事を見ます。勤続年数が長ければ、途中で職を変えて返済出来なくなる確立が低くなりますし、年収が高い方が貯蓄も出来る確立が上がりますので、何かあった時に対応能力が上がると言うことになります。

またサラ金などから借金があると言う事は、お金のやりくりがあまり上手ではないと見られてしまいます。なるべく借金などがある場合には、繰上げ返済、または一括返済などをして綺麗にしておくべきでしょう。少しの情報から、その人の審査をする訳ですから、数字が大事になって来ます。収入だったり、勤続年数だったり、簡単にわかるような数字で判断するしか無いというのが、貸す側からすると判断材料がそこになる為、数字できちんとした人であると言う事を証明出来ることが大事になってきます。

審査基準を無事クリア出来れば、後は貸して貰えるだけと言う事になるので、何かが欠けていないように、気をつけてから申し込みをすると良いでしょう。ローンを断られた情報と言うのも残ってしまうので、闇雲に申し込みをしまくるのはぜったに避けましょう。

融資の控除が受けられる確定申告とは

住宅ローンの融資を受けた場合、確定申告でお金が戻ってくると言う事をご存知でしょうか?

お金と言うのは、毎月支払いすぎてた税金が確定申告をする事によって戻ってくると言う事になります。ただし、住宅ローンを使わないと支払いすぎた税金は戻って来ないのでその辺の所注意が必要です。あまり一括で家を購入しようと言う方はいないでしょうけれども、万が一一括で購入出来るお金が準備できるとしても、税金が戻ってくる事を考えて、あえて分割にすると言う方法も一つの手段です。勿論この時考えなければならないのが、ローンの金利と確定申告時に戻ってくる金額との関係です。ローンの金利の方が高くなってしまうのであれば、わざわざローンを組む必要はありませんし、ローンを組んだ方がお得になるのであれば、ローンを組むべきでしょう。

それでは、確定申告とはどうすれば良いのでしょうか。一般的なサラリーマンの場合、1年目だけ自分で確定申告をする必要があります。税務署に問い合わせれば、何が必要なのか色々教えてくれるはずですが、書類を全て集めて税務署に確定申告すると言う手順になります。必要書類は、ローンの残高証明書や家を取得した時の書類など、色々と必要な書類があるので税務署で聞いて教えて貰うのが一番早いでしょう。

2年目からは、会社に必要書類を提出するだけで、会社の方で年末調整時にお金を返してくれるようになるので、だいぶ楽になります。控除を受けられる分は、きちんと控除を受けてその分違う事に回した方が懸命でしょう。なお、個人事業主の場合は、1年目はサラリーマンの方と同じ手続きですが、2年目以降も、全て自分で行わなければなりません。慣れて来たら、たいした事無いので、一回目に確定申告をする時に、手順などを覚えておくと良いでしょう。とは言っても、1年に一回の話なので、なかなか覚えておくのは難しいかもしれません。何年か続けてやってるうちにコツが掴めてくるはずなので心配は無いでしょう。お得になる事は、実践していくようにしましょう。